読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがないアイドルオタクです

先日、向井康二くんへの溢れる思いを止められず無駄に長く語ってしまいましたが、改めまして自己紹介をしたいと思います。


順番が前後してしまいましたが、改めましてさくぅと申します。

都内の実家で姉と2人、こじんまりとおたく稼業を勤しんでおります。



先日、康二くんに暑苦しい熱をあげてブログを立ちあげてしまうほど彼に夢中な現在ですが、じゃにおた文化で言うところの自担にあたるのはキスマイの藤ヶ谷くんです。

彼に出会いじゃにおた階段に歩を進め、彼が1番でなくなる時はじゃにおたをやめる時だと思っています。口ぐせは、藤ヶ谷くんは世界一のアイドル!!で、主に現場終わりに壊れたラジオのように魂抜けた状態でつぶやき続けます。


最初はキスマイ以外興味はなかったのですが、彼らについて調べれば調べるほど色んなところに興味が移り、セクゾ、V6、ジャニーズWESTに関西含むJr.勢と立派にネズミ捕りに捕まった次第ですね。もう帰れません。


ハマった順に書き出しましたが、セクゾはセクセカ頃まではFCに入るほど熱をあげて、一時期北山担の姉に「キスマイを捨てるの?!藤北を捨てるの?!」と泣きつかれたくらい風磨くんを中心にふまけん、そしてグループ全体を応援していました。しかし、3人体制セクファミ体制が確立しだした頃から、5人のセクゾが好きな私はとても憤り、尚且つ風磨くんの言動に呆れることが多くなり、少し距離を置くようになりました。でも彼の歌声がジャニーズで1番好きで、なんだかんだ面白いし、ふまけんがシンメを発揮すると軽率にホイホイされるちょろい奴です。だけども聡ちゃんのことも好きなので、5人体制が復活するまで事務所を呪い続ける次第です。今後のジャニーズを支えるのはsexyzone。sexyzoneはジャニーズの宝だと信じています。ふまけんという素晴らしいシンメに後ろを守らせ、センターに君臨する不動の0番勝利くんが爆発力切り込み隊、ポテンシャルは無限大のそうマリ連れるあの無敵さよ。君たちには輝かしい未来しか待っていない!負けないで!



そんなこんなで今は、キスマイとV6とジャニーズWESTを勢力的に追いかけています。そしてJr.、主に関西Jr.が先日追加された次第。上記したように自担に相当するのは藤ヶ谷くんですが、V6では三宅健くん。ジャニーズWESTはグループまるっと好きですが、藤井流星くんを応援しています。そして、シンメというかコンビというか、運命に導かれたような2人にたやすくホイホイされるため、藤北と剛健には異様な熱をあげています。藤ヶ谷くんと三宅くんに負けず劣らず、北山くんと剛くんに対するリスペクトはとどまるところを知りません。


この3グループ応援体制をはじめて気がついたことがあります。


ずばり!!


追いかけるのは2グループが限界。



いやもう本当に。お金も時間もお金もお金も足りません!!おたく手当が欲しい!!!

それでも昨年まではなんとかなっていたんです。何故かってそれはV6の活動がとても落ち着いているから。ツアー頻度は年に1回あるかないか。他に現場と言えば健くんか剛くんの舞台くらい(懐に余裕があれば坂本リーダーのミュージカルも)。シングルも年に2枚あるかな〜〜ってなわけでして、本気で追いかけていても全然他に目を配っていられるのです。むしろ他を追いかけてないと供給不足で口をパクパクさせるコイになってしまうのではないでしょうか。


ところがどっこい。めでたい事に今年は20周年アニバーサリーイヤー!シングルもアルバムも出してツアーもある!このツアーっていうのがまたまたアリーナツアーのわけでして、倍率が相当ヤバい。古株さんがいつもの調子で申し込んでことごとく落選していると伺っています。

更にその上24時間テレビのパーソナリティときたのでテレビや雑誌の出演情報に追いつかず、ヒーヒー言ってる今日この頃。


キスマイのアルバムが出てツアーも決まりまして、ジャニーズWESTがこの夏なにかしら現場を発表していたら屍になっているところでした。

供給過多で死ねるのならば本望とも言えますが、康二くんの行く末を見届けるまで死ぬわけにはいきません!!



康二くんや関西Jr.への思いは先日語らせていただきましたが、東京のJr.も好きです。少クラを毎週見ていてお気に入りのJr.くらいはそりゃあできるってものですよね。


私の夏はエリザベートをS席センターで観たところからスタートしました。もちろんお目当ては京本くんです。彼との出会いは藤ヶ谷くん主演の仮面ティーチャー。正直少クラは関係ありません。


そして夏の現場繋がりでいくと、8月末にはもとの黙阿弥も観にいく予定です。



京本くん、関西Jr.、浜中文一くん。

今年の夏の現場はJr.勢で侵食されました。



そして9月に入ると日生「少年たち」と、ついにキスマイとV6のツアーがはじまります!

忙しいじゃにおたライフ!だけど楽しく生きていけるのも彼らのおかげ。持ちつ持たれつです。





ここまでジャニーズの話をしてきましたが、ジャニーズにハマるより前から、つんく♂さん率いるハロープロジェクトを応援し続けてきました。


ただ、ハロプロの方はずっと応援していた田中れいなちゃんが卒業し、彼女の同期の道重さゆみちゃんもついに昨年卒業してしまいました。

更にグループとしてどこよりも熱を上げて応援し、青春全部捧げてきたBerryz工房が無期限活動休止をしてから、少し距離を置いてしまって、ついついジャニーズ中心になっています。


ただ、恋愛ハンターのMVて一目惚れした工藤遥ちゃんが歌唱メンセンターをはったりと、見逃せない状況でもあるので常にセンサーを張ってます。


しかも、れいなの卒業やBerryz工房の休止、更にはベリメンの梨沙子だけが芸能活動休止という推しがどんどんいなくなる状況に追い打ちをかけるかのように、残されたハロプロメンバーで唯一個人で興味を持っていた福田花音ちゃんも卒業が発表されてしまいました。


私の推しメンだけがピンポイントでいなくなるこの状況に、友達に本気で生存確認をされるほど。去年の3月3日から枕を濡らす日々は終わりません。


ただ、花音ちゃんの最後のステージまでアンジュルムを応援していきたいと思ってますし、そう思って七転び八起きのシングルを購入したら室田ちゃんに少し興味を引かれた現状。ハロプロファンはこうして推しの卒業を嘆きながら前に進んでいくのですね。


それに、Berryz工房のラスト武道館へ行った時に、オープニングアクトを務めていたこぶしファクトリーの念には念を聞いて、「このグループは、推せる…!」とまさかの出会いを果たしてしまったため、彼女たちのメジャーデビューシングルのリリースを今か今かと待ち望む日々。


れいなと梨沙子がいた頃ほどの熱を持ってはいませんが、なんだかんだとても魅力的な彼女たちから抜けることなんてできません。そして何と言ってもつんく♂さんのファンなので、つんく♂さんが曲を作りプロデュースする限りファンはやめられません。



私をハロプロに引きずり込んだのは例の姉ですが、奴はあっさり手を引き、可愛い子が好きな彼女は今ではちゃっかりAKB系列の茶の間おたくもどきになっています。

ジャニーズも姉の影響で、私の趣味はほぼ姉が仲間を作るために根気良く布教したものばかりなのですが、ハロプロの子達が日々危機感や責任を感じながらスキルを上げて、歌い上げ踊り狂う姿が好きなので、あちらの系列にハマることはないと確信しております。

どちらがアイドルとして優れているかの問題ではなく、狙っている層や目指している理想形が違うので、もはや同じアイドルでも違うジャンルですよね。一概にアイドルとして比べられるものでもありません。


ただ、そういう訳で私のアイドルオタク人生の根源はハロプロであり、しかも推してきたメンバーは皆歌唱力がズバ抜けていた子達でした。

ジャニーズを応援するにあたってその趣向を全て受け継いだわけではないですが、パフォーマンス能力の高い人やスキルの高い人を好きになりがちです。


個性やキャラを好きだと思っても、パフォーマンスが微妙だと興味を失うことも過去、なくはありませんでした。


ただのオタクのくせに随分とうるさい奴!ごめんなさい!

でも、どんなジャンルに、誰に、お金を払う価値があると判断するのは個人の自由!アイドルに個人で選んでもらうことができない代わりに、アイドルもオタクは選べませんからね。ビジネスビジネス。



長らく好き勝手語ってしまってすみません。


現実逃避、現実を楽しく生きていくためにアイドルを追いかけているので、基本良いように捉えてはしゃぎまわってるしがないオタクですが、思ったことを好きに語っていきたいと思っているので、興味ある記事がありましたら開演前や自担のドラマが始まる前の暇つぶしにでも読んでやって下さい!



今後ともよろしくお願いいたします。