読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤ヶ谷担がオススメするキスマイのカップリング曲10選!

藤ヶ谷担が好きなキスマイのカップリングを紹介するブログ記事です!

 

キスマイも先日発売されたINTERをもって、ついにシングルも18作目。シングル曲とともに世に放ってきたカップリング曲は39曲!そろそろカップリングベストか出せる頃ですよキスマイさん!

カップリングって隠れた名曲も多いですよね。だけど、インパクトのあるシングル曲やアルバム曲に隠れがち。

なので、39曲のキスマイのカップリングの中から、僭越ながら私のオススメを紹介させていただきます!

 

テーマは、

キスマイが気になってアルバム曲を聴いてみたけど、カップリングは手を出しにくいなぁ…って人にオススメのキスマイカップリング10選!

いえーーーい!

 

藤ヶ谷担なので、そのあたりとても偏りがあるかもしれませんが、ひとつの意見として見ていただけたら嬉しいです。楽曲のコメントは紹介というより個人の感想です。

そして、簡単に単純に、個人の主観で楽曲を「かっこいい」「キュート」「爽やか」の3つで分類分けしてます。

諸事情により、Kis-My-Ft2の7人で歌っている曲のみから選んでおります!

 

ではでは早速!

 

 

10位 Let it BURN!

(14th:AAO)

○かっこいい!

この曲が好きなキス担は多いようにお見受けする!コンサート終盤の大見せ場、特効ターンにスタメン入りを望んでいる声もよく聞きます!個人的には特効ターンにはもっとダークな曲か来て欲しいけど、気持ちは分かります!特効ターンというより、その前のラストスパートはじまる…!ってところに置いて欲しい、そんな1曲。(伝わらない)

最近のキスマイの曲って感じ。(伝わらない)

個人的にはもっとガンガン押す感じか、もしくはダサさがあって欲しかった。オシャレでイマドキでかっこいい曲!周囲の評価を考慮しての選曲です!

 

AAO

AAO

 

 

9位 Last Lover

(15th:最後もやっぱり君)

○かっこいい!

イントロの藤ヶ谷くんソロが好きすぎてファーストコンタクトで、はい!!すき!!超すき!!!な1曲。タイトルだけでバラードかと思って期待してなかっただけに、はじめて聞いた時の衝撃は大きかった!系統的にはネバエンと似た路線。吐息とかキスとか言っちゃう系なキスマイのお家芸

高音が得意な藤ヶ谷くんの魅力がたっぷりな藤ヶ谷担の盲目選曲。でもかっこいいよ!本当に!

 

最後もやっぱり君(通常盤)

最後もやっぱり君(通常盤)

 

 

8位 keep on smile

(7th:キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S (Smile On Smile)

○爽やか

歌詞の中にKis-My-Ft2を出す曲は良曲のシルシ!疾走感と藤北お得意のラップが最高!自分たちのことを7色の虹とか言っちゃうベタベタな歌詞も最高!元気になれる前向きソング!

この曲を歌いながらドームをローラーで疾走するキスマイを想像するだけでほら愛おしい。

キスマイが精一杯の愛を歌ってくれるなら、ついていきます空の果てまで!

アイドル感溢れる1曲。

 

 

7位 Summer Lover

(4th:WANNA BEEEE!!!/Shake It Up)
○爽やか

キスマイにあまりない感じの曲。

なんだかジャニーズWESTっぽくてちょっと新鮮!開放的で男の子!なキラキラサマーソング!

キスマイがアンコールでトロッコに乗って歌う姿が私にはみえる…!

THE 夏!なこの曲はどうして去年のセトリに入れてもらえなかったの

 

WANNA BEEEE!!! / Shake It Up (SINGLE+DVD) (初回生産限定Shake It Up盤)

WANNA BEEEE!!! / Shake It Up (SINGLE+DVD) (初回生産限定Shake It Up盤)

 

 

6位 Deep your voice

(3rd:SHE! HER! HER!)
○かっこいい

shake it up!とはまた違うクールなクラブミュージック感が藤北によく似合う!かっこいいけどキスマイにあまりない珍しい感じ!

サビで盛り上がりきらないのが良い!そのおかげでイントロからラストまでずっとゾクゾクします。説明が難しい…!

最初は微妙でも聞くたびジワるするめソング

 

SHE! HER! HER!

SHE! HER! HER!

 

 

 

5位 Crush! Crush! Crush!

(10th:光のシグナル)
○爽やか

一度聞いたらもう歌いたくなる!というかきっと歌ってる!最高の疾走感!爽快感!溢れ出る青春感!

ローラーのイメージがあるからなのか、こういう今にも走り出しそうな勢いのある曲とキスマイも相性抜群!爽快なラップがまたたまらない!

 

光のシグナル

光のシグナル

 

 

4位 Kis-My-Venus

(2nd:We never give up!)
○かっこいい

エタマイが好きなキス担がこの曲を好きにならないわけがない。という持論。

ただエタマイほどの爆発力はないです。キラキラキスマイとギラギラキスマイをほどよく合わせたような絶妙な1曲。かっいいんだけどアイドルらしい良い意味のダサさもあってとても良い塩梅。

we need you! we want you! we love you!

とキスマイが背中を押してくれます!

 

We never give up!

We never give up!

 

 

3位 Diamond Honey

(9th:キミとのキセキ)
○キュート

メロディが爽やかで歌詞も可愛い最高のラブソング!

案外こういう可愛い曲もお得意のキスマイちゃんが好き!銀河さえも霞むくらいオンリーワンなfantastic girlって!歌詞もメロディーも本当に可愛いくてポップ!

MU-CHU-DE 恋してるが好きな方とかにオススメしたい!めちゃすき!

 

キミとのキセキ

キミとのキセキ

 

 

2位 MU-CHU-DE 恋してる

(16th:Gravity)
○キュート

さあよってらっしゃい!キスマイ、そして藤ヶ谷くんの振り幅の広さをしかとご覧あれ!藤ヶ谷担イチオシの一曲!いざ!

最高にキュートなラブソング!キスマイだってこんなに可愛いキラキラしたTHE  アイドルなラブソング歌えるんだぞ!!2016年藤ヶ谷担渾身の推し曲。ソロ曲を差し置いて楽曲大賞で藤ヶ谷担が全力を捧げたのはまだ記憶に新しい。

この自分のグループの過去イチにキュートなラブソングを爆音で流してドライブした宮玉はもはや脅威。

 

Gravity

Gravity

 

 

1位 Never End LOVE

(5th:アイノビート)
○チョーーカッコイイ

個人的大大本命です。コンサートでやってくれる日をいまかいまかとひたすら待ち続けてます。ネバエンを未だ一度もコンサートで披露してないのは宝の持ち腐れすぎる!!

イントロの入りからはい!もう神曲!分かっちゃう!

歌詞から溢れ出るアニソンのような運命感!大サビに向けてどんどん迫ってくる盛り上げてくるメロディーも最高。そして大サビの藤北。私にはドームのセンステに背中合わせの藤北が見える…!!

この一曲でアニメ作れる。世界観が完成されている。傑作。アニソンみのある曲とキスマイの親和性はやばい。無駄に運命とか背負ってるメロディーのかっこいい厨二感ある曲はキスマイに(というか藤北に)よく似合うこと似合うこと。

 

アイノビート

アイノビート

 

 

以上!藤ヶ谷担オススメのキスマイカップリング曲10選でした!

 

さて、ここで特別賞の発表です。

★歌詞が泣けるで賞

感じるままに輝いて(11th:Another Future)

○爽やか

 

★伝家の宝刀ラップが最高で賞

Forever with U(6th:My Resistance -タシカナモノ-/運命Girl)

○かっこいい 

ニューフェイスで賞

全力ファイター(18th:INTER)

○爽やか

 

★セブンアンドアイで賞

LUCKY SEVEN!!/Kis-My-Ft7 (9th:SNOW DOMEの約束/Luv Sick)

○キュート &爽やか

 

ここまで来て、お気付きの方もチラホラいるかもしれませんが、そうその通り…

今回のトップ10と特別賞にはあの名曲たち、デビューシングルのカップリング、「S.O.KISS」「KISS FOR YOU」「若者たち」が入ってないんです。忘れてるわけじゃありません!!故意です!!!

もうですね、正直この3曲は殿堂入りということでドウゾよろしく。キスマイが気になった方は、アルバムより何より前にEverybody Goの通常盤を聞いてください。

この3曲を含んでしまうともうそれだけで必然的にあと7曲!少ない!この3曲はもうカップリングじゃない。A面です!トリプルA面ならぬクアドラプルA面!クアドラプルは調べました!私はキスマイの曲で「若者たち」が一番好きです!次いでエタマイとS.O.KISSです!余談です!

 

カップリング10選とか言って、全然10曲に選びきってない10選詐欺ですが、興味を持っていただけましたらぜひ聞いて欲しいです!

カップリングには色んな系統の曲があって、キスマイの振り幅を実感出来ます!今回は自分の好きな曲を10曲選んだので、偏りが出てしまっていますが…自分の好みが分かりやすいです。

他にも、17枚目のシングルSha la la ☆Summer Timeのカップリングには、カップリング曲唯一のユニット曲もあります!

藤ヶ谷くんと玉森くん、北山くんと横尾さんと宮田くん、ニカちゃんと千賀くんの3組に分かれてそれぞれタイプの違う秀逸な楽曲が収録されているのでこちらもオススメでございます。

 

北山くんがいつかのドキュメント(多分Kis-My-WORLDツアーDVDの特典ドキュメント)で、キスマイの良いところは「良い意味でキスマイらしさ!というコレってものがないところ」というようなコメントを残していて、その当時は「いや!あるよ!キスマイらしさあるよ!」って思ってたのですが、最近はそれが分かるようになってきました。

キスマイは振り幅が大きい!

hairとかFIRE BEATとかEternal MindとかPSYCHOとか、コンサートで特効ガンガンで炎とかバンバン使う曲が好きで、そういう曲を披露するキスマイのパフォーマンスが好きです。

というのも、キスマイの歌唱を牽引してると言える北山くんと藤ヶ谷くんのツートップが圧倒的にそういうワイルド&セクシー路線が似合うからなんですけど、でもキスマイって一方で案外THE アイドルの曲や爽快な曲も似合うんですよね。

それはきっとキスマイの絶対的センター玉ちゃんと、藤北を抜いた4人がそういうキラキラした部分を持ってるからで、だからこその振り幅とバランス!

ぜひぜひたくさんの方に色んな曲を聴いてみていただきたい!

 

 

他のキスマイ担の方の好きなカップリングも聞いてみたいなそんな企画あればいいのにな〜

そして他Gのも知りたい!

 

藤ヶ谷くんに望むことをつらつらと


とってもお久しぶりです、さくぅと申します。

何も望まないといいつつ、読み返すとそこそこ望んでる気がしてきたブログです。



CDはもちろん売れてほしい。大学生でそんなにお金もないけど、キスマイのCDはなるべく全形態買おうと決めてる(キスショ個人版は除く)。INTERは久しぶりのシングルで、前評判も良くて、Tonightの視聴を聞いただけでめちゃくちゃテンションもあがった。だけどいざ発売日が来て、初日の売り上げが低くて、またしても売り上げ論争。

フラゲ日、初日共にバタバタしてしまったので今日やっとCDを買ってきましたが、なんとなーーーーくツイッターに流れる初日の売り上げから巻き起こるざわめきに少し気が滅入りました。キスマイは難しい時期、勝負の時期と言われているから過敏になるのかもしれないし、他のグループを知らないだけなのかもしれないけど、そんなに意識高い系醸し出して人に訴えかけないで、売り上げが心配なら黙って買い足せばいいのに…初日に買わなきゃそんなにダメですか…?って思ってしまうわたしをお許しください。今は無理だけど、社会人になったら「キスマイのピンチ!!!」ってなったら軽々と数人の諭吉さんとグッバイできるオンナになれるように頑張ります。キスマイのCDを全形態買うのは義務的かもしれないけど、キスマイのためにお金を使ってる!って感覚が気持ち良かったりする、購買によって自己満足する系ヲタクなのでツラくはないですが、その掟はキスマイだけにしか課してませんし、コンサートのグッズは可愛くなきゃ買いません。盛れてなきゃ買いません。自分がオタクしてて楽しい範囲で楽しむ心を常に忘れたくないですね。自分は自分、人は人。持てる時間も金も気持ちも違う。

憎むべきは買わないオタクではなく己の経済力。ぐぬぬぬ。

でもやっぱり同じCDそんなにいらないからキスショ個人版システム毎回欲しいです!自担買い足せるシステム最高!「なに?!キスマイのピンチ?!よーーし!たいぴちゃん10枚北山先輩5枚追加!!!」ってな!!ふはははは!待ってろ社会人生活!



てな感じで、CDはそこそこ売れて欲しいし、シングルが半年に一回はさみしい。だけど爆発的に人気が出て欲しいのか、現状維持して欲しいのか、私はいったいキスマイと藤ヶ谷くんになにを求めているんだろう。

と、思ったけど多分、アイドルでいてくれること以外特になにも求めていない。と言ったら嘘になるけど、本当にキスマイとしてアイドルしてくれていればそれだけで幸せになれる。藤ヶ谷くんのラップが好きだ。高音が好きだ。煽りが好きだ。視線の使い方が好きだ。狙ったカメラは逃さない、カメラアピールが好きだ。世界観がなんだかんだ好きだ。天然で微妙に空気読めないところが好きだ。だけど自分ではそんな気はさらさらなくて空気読んでキスマイのバランサーになってると思ってるところが好きだ。だけどステージパフォーマンスでは、ファンのニーズを的確に感じ取る謎の勘の良さが好きだ。

彼がキスマイにいて、北山くんのシンメであること、それだけですでにディスティニー。

CDが売れなくても雑誌の撮影が減ってもテレビの出演が減っても、本当は正直、コンサートさえやってくれて、コンサートDVDが出てくれて、たまーに歌番組に出てくれればそれで良いと思ってる。だけどそんなことがまかり通らないのは分かるし、キスマイ本人たちがそれを望まないから、だからCDの売り上げ悪かったらちょっと買い足そうかなとか思うし、番組に感想メール送ったりしてみる。めっちゃ人気出て欲しい!とか、特に私はそんな風に何かを望んではいないけど、本人たちが望むことは、夢は、叶えば良いなと思うし、叶えてあげたい。オリコン連続一位が欲しいなら、主演ドラマに出たいなら、5大ドームコンサートがしたいなら、叶ってほしいし協力もしたい。

これはキスマイに限らず、応援してるアイドル全員に言えることかもしれない。藤ヶ谷くんはこのところ自分を過小評価するし、特技がないってすぐ言うので、何か自信を持てる特技が持てるといいな。自信がある人は輝くし、魅力的だから。仲のいい横尾さんが近頃各方面に才能を爆発させて、それを仕事にも繋げている。センターの玉ちゃんは相変わらずフワフワしてるけど持ち前の根性で成長してるし、誰にも真似できないキャラがある。シンメの北山くんは、目指しているところが明確になって、その道を突き詰めようとしている。その中で自分のポジションを改めて見出そうとしてるのかなぁ、って思うけど、深く考えすぎないで、とりあえず納得のいく特技や趣味を見つけるところから頑張って欲しい。私はサーフィンなんて絶対出来ないし、ディスティニーランドにも詳しくないから、十分素敵な趣味だと思うけど!個人的には藤ヶ谷くんの演技すごく好きだから、また舞台にも上がって欲しいな。そこを突き詰めてくれたら嬉しい。けどなんでもいい。やりたいことを見つけて、頑張って欲しい。自分はこうあるべき!こうなりたい!の理想が強い藤ヶ谷くんだけど、ステージでは常に最高のアイドルだから、それ以外のところは、藤ヶ谷くんが自分を認めてあげられるようになって欲しい。理想を目指し続ける藤ヶ谷くんが好きだけど、あなたはすでに最高だよ!!って、常に言い続ける準備ならこっちはいつでもできてるから!だってきみがナンバーワン!

ステージにさえ上がり続けてくれたら、好きでいられる自信はめちゃくちゃある。藤ヶ谷担をやめるときはジャニヲタやめるときじゃチクショウ!アイドルとしてのパフォーマンスに心を掴まれているので、後の部分が多少ブレたって全然問題なく応援するので、固定概念にとらわれないで好きなように頑張って欲しいです!



藤ヶ谷くんに限らず!康二くんにはモデルの仕事が早く決まればいいし、関西ジュニアは城ホで単独コンサートが出来ればいいし、Funky8は自称じゃなくなって、公式グループとして認められて欲しい!

結局はそういうことですが、常に言動を追えているわけではないダメなヲタクなので、アイドルの皆様は希望はなるべく口に出し続けていただけたら嬉しいです。(笑)





あ、でも1個あった。藤ヶ谷くんと推してるアイドルに望むこと。

ノーモア フライデー。

そこんとこ、シビアなんで頼みます。

本人に幸せになって欲しいとは思うけど、断固反対派ですヨロシク。


ジャニヲタが俳優にハマりギャップに戸惑う話〜ヒーローマニアを見に行こう!〜

こんにちわ、お久しぶりです!

久々の投稿ですが、今回はジャニーズごとではありません。

私が最近遭遇し戸惑っているギャップについてお話しさせて下さい!


火村英生の推理で見事にアリスにハマり、そこから窪田正孝さんに真っ逆さまに落ちて行きました。

転がり落ちるように日に日に窪田くんを好きになる私を見て、姉には「担降りだ」と揶揄される日々。

これがアイドルだったら本当に担降りと言わざる得ない勢いは確かにあったと思います、現在進行形で。

だけれどもフィールドが違うと言い張り続けます。世界一のアイドルは藤ヶ谷くんだしリア恋こじらせ続けているのは康二くんだし、アイドルの中のアイドルは三宅くんです。

でも日々、窪田くん可愛すぎてツライです。


今までも何度か俳優さんを好きになったことはあるのですが、それは常に俳優さんが演じてるキャラクターと一体で、出演作を見るだけでなく、その人自身にはまり込むことは1度もありませんでした。だって俳優さんはテレビで見るものだし、ドラマや映画を見るたびにキャラクターが変わるものだし、常に俳優さん本人でなく演じるキャラクターを見ている、というのが持論ですがまあとくに深い意味もなく。


なので所謂初体験ってやつでした。

これがジャニーズにハマる前の私だったら、過去の出演作やバラエティ番組を漁るだけで済んだのかもしれなかったのですが、アイドル大好き現場主義に成り果ててしまった私は本人を生で見たい欲が止められません。

そしてらその勢いで突っ込んでいったら、俳優さんを好きになるのって、アイドルを好きでいることと価値観が違いすぎて戸惑っています。


俳優さんの仕事は演技すること。役を演じること。ドラマであったり映画であったり舞台であったり。つまり、私たちが触れることのできる彼らは常に何かしらのキャラクターを演じている姿で、演じるキャラクターが好みにヒットしてくれたらありがたいことですが、例えそうでもその人の素に出会う機会は限りなく少ない。

アイドルはアイドルであることが仕事です。演技をしていても、私にとってその子は「その役を演じている○○くん」です。根本的に、キャラクターを通して本人を見ています。

人それぞれだと思いますが、それが私の楽しみ方で。

でも俳優さん相手にそれは出来ない!そこにいるのは窪田くんでなくアリスです!スモーキーです!戸志田です!それはそれでキュートだけど、アイドルヲタをやってきた期間が長すぎて本人そのものに触れる機会がないのはとてもツライ。

会える機会なんて映画の舞台挨拶くらい!

ファンであることを直接伝える機会もない!

別に本人から反応が欲しいわけではなく、私はあなたのファンです!とアピールする場所が欲しいドルヲタの性。私この人好き、と胸の内に留めてひっそりと出演作を漁るだけなのはなんとなく物足りない!


そして、アイドルは人が売り物ですが俳優さんの売り物は演技です。つまり外に向かってアピールする必要は、ある程度あるでしょうがアイドルの比ではありません。

何が言いたいかって、露出が足りないし、私はこういう人である、というアピールの機会も足りない!!

様々な役柄を演じる窪田くんはもちろん見たい!だけど私はもっともっと窪田正孝が知りたいんだ!本人が自分の言葉で喋って、自分の感受性で表情を表に出す瞬間が見たい!圧倒的に!足りない!!


そして、もうひとつ気になるのが恋愛について。

アイドル、特にジャニーズの恋愛に関しての見解は人それぞれ。私も好きなジャニーズタレントが複数人いますが、その中でも恋愛に求めるスタンスは違います。アイドルからしたら迷惑な話ですが。

だけれども、基本的にはやっぱりある程度の年齢にならなければ自分の推している子に熱愛報道が出るのは良い目では見れません。アイドルという仕事に集中して欲しい、その道で不利となるような道を選ばないで欲しい、という思いが先行して、賛否は別れる部分ですが、プロ意識が欠如しているようにも感じてしまいます。1部の子には、付き合いたいくらい好きでたまらないいわゆるリア恋だけど、無理なのは承知だからお願いだからそういう素振りだけは見せないで、って思っちゃいます。頼むよ康二くん…!

たけどもこの件は、先にも言ったように、彼らは生身のその人自身を商品にビジネスをしているわけで、私たちは彼らが提供してくれている彼ら自身を好きになってお金を払っているので、このように期待することは悪いことだとは思いません。思ったところで強いることは出来ないし。

近い存在になんてなれないんだから、せめて彼女なんて表に出さないで、ファンが1番だって言って欲しい、という気持ちを正当化してるとも言えるんですけど、でもこれは何度も言ってるように自身を商売道具にしているアイドルだから、そう願っても許されるわけで。

俳優さんに恋愛禁止なんて意味分からないですもんね、つまり明日にはパッと熱愛が出て、結婚なんかしちゃんうんですもんね。実際破局報道がつい最近出てますしね!

ああーーいやだーーー!でも嫌だけど、私たちファンが嫌だなんて言って彼らをしばる正当な理由がこっちの世界にはないんだ!こわい!こわすぎる!正当性を笠に着て文句の一つも言えないなんて!



そもそもアイドルの露出に慣れてるっていうのが問題点なんですよね。無理なのに同じくらい会いたい欲が収まらないというか。まあでももどかしさで言うとV6にハマった時と同じくらいかもしれないですけど、はい。


ただ、アイドルファンをやっていて良かった点としては、「窪田くんに会いたい!」と思った時点で、一週間後に出演映画「ヒーローマニア」の公開日があると分かり、「これは初日舞台挨拶があるはず!絶対!行っちゃる!!」と即行動に移せた点と、情報の立つ集め方、チケットの譲渡がスムーズに行えた点ですね!

ジャニヲタになる前の私だったらそもそも情報を掴めずこんなに早く行動はできなかったハズです。

舞台挨拶前は緊張で心臓バックバク。姿を見た瞬間は感動で思わず涙が出てしまい、登場で涙が出たのはキスマイワールドとV6アニバーサリーに次いで3回目でした。

生で見る窪田くんは本当にマネキンのようなスタイルで、芸能人オーラに圧倒されました可愛かった…!

好きになってから生を見るまで、V6ほどの時間はかかりませんでした、はい。むしろSexyZoneにハマって風磨くん見たさにジャニワへ行った時き並みのご対面の早さ。タイミングが良かったと運命に感謝。



そして、窪田くんの一挙手一投足を見逃さないように見守っていたのですが、途中でふと、「この世界にレポを落とすという文化はあるのだろうか」と疑問が。

無いわけがない、とは思いましたが不安に駆られると落ち着いていられません。ジャニヲタの皆さんは詳細にレポを落としてくださるので、毎回私は担当をガン見して公演後にファボ魔と化しますが、もしレポが無かったら?少なかったら?今日この瞬間をどうやって記憶に残せばいいの??と焦り出しました。

その瞬間、カバンからメモとペンを取り出し、舞台をガン見しながらも必死にペンを動かしました。はじめてメモを取る、という行為を実践。ここら辺もジャニヲタやってて良かった案件ですね本当に。

そして午後に予定があったので就活ルックでスーツな自分に嫌気がさしていましたが、そのおかげでメモとペンが鞄に入っていたのでそんな自分にも感謝。就活にはじめて感謝。

挨拶が終わって自分のメモとして、そしてもし需要があれば、とレポを落としましたが、そこそこの反応をいただけて嬉しさと誇らしさがありました。ありがとうジャニヲタの私!



この熱が一過性なのかなんなのか、自分でも予測がつきませんが、そもそも俳優にここまでハマったことがない私がこんなに急激に熱くなっていること、そして、一過性かな?と思った熱がジャニーズに関して言えば一過性だったことがないので、もしかしたら…という思いで日々生活してますが、とりあえず当分はこのままはしゃいでまわりたいと思います!


そんな私にとって今一番の懸念事項は、MARSの舞台挨拶です。

自担と窪田くんがW主演だなんて、こんな幸せなことは一生ないかもしれないと同時に、このツーショットが観れなかったら悔恨募って死ぬくらいに思っています。初日舞台情報はやく…!


久しぶりの投稿がまさかこんなカタチになるとは自分でも全くの予想外でした。人生なにが起こるか分かりませんね本当に。

春松竹やドリステについても募る想いが溢れて止まらず、そちらについても発散させたいので、順番が前後になりましたが後日ブログ書きたいと思っています!

ドリステはたくさん用意したつもりだった前売り券を使い切ってしまったので焦っています。


そして皆さん、関西ジャニーズJr.出演ドリームステージ、窪田正孝出演ヒーローマニア!

どちらも是非劇場にてご覧ください!!


V6は去年が特別だとは自分に言い聞かせていますが、もう少し露出して下さいお願いします。


三宅健の好きなところを考えてみた

今年も残すところあと4日となりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回はそんな年の瀬に、タイトル通り、三宅健の好きなところを考えてみたお話をさせていただこうと思います。特に理由はありません。

ただのイチ三宅健ファンが、三宅健の好きなところを言っていくだけ。自己中心的な部分も多分に含まれています。どこが好きなのか考えていたら言いたくなったので、静かにひっそりと発散させていただきます。三宅健をこんな風に捉えている人間もいるんだ、ぐらいの感覚で読んでいただけたら幸いです。



ことの始まりも特になく、なんとなく、三宅健とはどんなアイドルなのか考えていたのです。
歌が特別上手いわけでも、演技が上手いわけでもない。番人受けするトークスキルがあるわけでもないし器用に生きていくタイプでもない。何も知らない人が見れば、ワガママでズケズケともの言うし、性格が悪い奴ともとれる。それでも三宅健はスーパーアイドルなのである。断言します。贔屓目だと思っていただいて構いません!だって贔屓してるんだもの!

その所以は、ファンのことを誰よりも考えてくれて、誰よりもファンに寄り添ってくれるからだと思っています。

その優しさが向けられるのはファンだけに限らないし、人だけにも限られない。色んなモノに寄り添って考えていて、だからこそ感情が不安定になることもあるし、ソツなく器用には進めない。その時対面しているヒトやモノに常に真っ直ぐで、だからこそ相手を思いすぎて自分との折り合いがつかないことも多くて。それでも諦めないで、三宅健は様々な期待に応えようとしてくれる。アイドルを全うしようとしてくれる。Jr次代から圧倒的な人気を有しながら、アイドルという職業が、ファンがいなきゃ成り立たないことを知っている。

三宅健のファンをしていると、アイドルファンをしている自分を、アイドルである彼が支えてくれるような感覚に陥ることがよくあります。他のアイドルを追いかけている時は、ファンが支え、その人気を受けてアイドルがコンサートやドラマ出演、テレビ出演という仕事でファンの想いに応えてくれるけど、三宅健はそうじゃない。彼を応援する、という行為をアイドル本人である彼が支えてくれる。

健くんは、20周年のツアーに行きたくても行くことのできない多くのファンに、胸を痛めてくれた。この公演に来れないファンのためにも、一生懸命頑張る。来てくれているファンを楽しませる。それも大切だけど、口で言うことは案外簡単で、その言葉で確かに実際に会場に赴けないファンは自分たちを気にかけてくれていることに感動するけど、三宅健は違う。会場に来れない多くのファンの想いを受け取って他で発散されても、悲しみが晴れないファンがたくさんいることを彼は知っている。そんなファンの悲しみに寄り添って、マネージャーに掛け合い、少しでも楽しめるように、とジャニーズweb連載でツアー中の自身の頭身コーディネートを載せてくれた。ツアーに行けないファンが、ツアーの時の健くんを知れるように、だけど、それはステージを彷彿とさせるような衣装じゃなくて、あくまでも本人の私服で。マネージャーと交渉して、健くん本人の顔つきで。しかも、それが一回に限られたことじゃない。これは三宅健だからこそ、出来た所業だと思う。三宅健だから、思いついて、行動に移してくれた。健くんには、自分の好きな人を喜ばせるために行動を起こす躊躇いがない。妥協もない。彼が彼の好きな人の為に動いていることなら、強靭なバイタリティで前例がなくても可能にする。

彼は、ファンがV6のどんな表情が好きなのか知っていて、応えようとしてくれる。バラエティでも、コンサートでも、ドキュメンタリーでも、特典映像でも、告知番組でも、どこでも、テーマがなんであっても、ファンが好きなV6を、V6の三宅健を届けようとしてくれる。ファンが見たいV6と、彼らが好きなV6が同じものではないのかもしれないけど、彼の笑顔はいつだってメンバーへの愛で溢れていて、健くんが私たちの期待に応えてくれている姿を見ていると、

建くんがメンバーとしたいことと、私たちが見ていたいV6の姿って同じなんじゃないかな」

と思わせてくれる。ビジネスを匂わせても、彼の表情から溢れる愛が、それらを打ち消す。V6のファンはV6が6人だけで集まって、ファン以外の人から見たらもしかしたらすごくくだらなくてつまらないかもしれない身内ネタなどで、心から楽しそうに笑い合う姿が好きな印象がある。私もその1人だ。6人が集まってワイワイと楽しそうにする姿を見ていると、ファンが求めるV6とV6が好きなV6の姿はとても近いのかもしれないと思わせてくれる。実際のところは知る由もないけど、そう思えることがファンとして幸せだし、その中心にいて、その雰囲気を成し得てるのは三宅健という存在がいついかなる時もV6のアイドルとして振舞ってくれているからだと感じている。V6の他のメンバーは、ジャニーズを飛び出しての外部の仕事も多く、それぞれが高く評価されている。そんなメンバーの中で、「じゃあ三宅健はなにやってるの?」と何も知らない人に聞かれると、「俳優」「舞台」「ミュージカル」「バラエティ」などシンプルに即答できない。三宅健は常に「V6の三宅健をやっている」と言いたい。だけどそれでは伝わらないし、私の語彙力や知識ではこれ以上のことを伝えられないのがいつも悔しいです。

「ジャニーズのアイドル」「ジャニーズはどこまで行ってもジャニーズ」という概念を飛び越えて仕事ができる人の少ないジャニーズ事務所の中で、その枠を超えた人が揃いも揃ってるV6。そんな、下手したら飛び散ってしまうかもしれないグループで常に「アイドル」としてV6のメンバーの不在を預かっているのが三宅健なんだと思っていて、「V6」のファンである私は、そんな彼の存在にいつも救われます。

「じゃあ三宅健は何やってるの?」その答えは

「アイドルやってる」です。

「たかがジャニーズ」だと思っている人々には、もしかしたら良さは伝えられないかもしれないけど、そんな人々をも「V6ってすごい」と思わせてくれるメンバーは他にいます。なので彼にはいつまでも「生粋のアイドル」として、メンバーとファンの居場所を守っていって欲しいです。メンバーとファンが「V6」という繋がる空間を作ってくれているのが、三宅健です。ああ、話がまとまらなくなってきました。要約すると、大好きです!!!アイドル三宅健!!!!!

以上のことを踏まえ、私はよく彼を勝手に、「V6の番犬」と呼んでいます。

6人誰も欠けちゃいけないけど、V6をV6たらしめている大きな要因に、三宅健の人間性とアイドル性が挙げられると思っています。何度も言いますが贔屓目です。三宅健が好きなんだもの!美化だと言われてもいいです!でも美化してるとは思っていません!!

 

本人は、ファンの人が喜ぶ姿や、メンバーの喜ぶ姿が好きなのに、いざ彼らのために行動を起こそうとすると照れて躊躇って、ぶっきらぼうになる。そんな不器用さがさましく天使。天使三宅健。すみません、Tシャツをメンバーにプレゼントした際の話です。「?」の方はどうぞお近くの書店でザテレビジョンCOLORSをお求めください。天使がいます。

 

収拾がつかなくなってきたのでおいとましたいと思います。

とって自分目線な、私の好きな三宅健のお話でした。

ありがとうございました。

 

デジモンアドベンチャーtri.を見てきた藤北担のはなし

デジモンアドベンチャーtri.を先日、公開終了前ギリギリ滑り込みで見てまいりました。各地で売り切れているというパンフレットも無事にGETすることができ、パンフのデザインにテンション上がりまくりです!最後に過去の映像挟んでくるのズルいしブレイブハート流されたらそりゃ泣くしか選択肢が!ない!!

作画や内容、テンポなど、入り込めないところ、文句を言いたいところも色々とあったのですが、本日の目的ではないので割愛させていただきます!特にネタバレをするつもりもございません!タイトル通り、藤北を中心に、私の好きなシンメの話をしたいと思います。正直、話に浸りながらも、ところどころで藤北のことを考える90分でした。


私が初代のデジモンアドベンチャーに出会ったのは、小学校5年生の時でした。当時アニマックスにハマっていて、ドラゴンボールハンターハンターなどアニメをずーっと見ていたのですが、その中で一層ハマり、録画までして全話見た作品、それが当作品でした。何が良かったって!お察しの通りです!選ばし子供たち全員の絆ももちろんですが、太一とヤマトのなんとも言えない関係に胸が熱くなりました。当時から大分危ない小学生だった私。
同じクラスにいても絶対に仲良くならないであろう正反対な2人が、共通の敵を倒す為に、ぶつかり合いながらも絆を育んでいく。敵をを倒すにはこの2人が手を取り合うことが必要不可欠なんですよ。今見ても滾る!
私が特に好きだったのは主人公の太一ではなくヤマト、カラーで言うならば赤でなく青、主人公のライバルポジションの彼でした。8人の子どもたちの成長物語でもありますが、ヤマトの成長には太一の存在がなくてはなりませんでした。しかも彼の紋章は「友情」と来た!人見知りせず、コミュニケーションに臆さない、誰とでも仲良くなるような太一と正反対のヤマトの紋章が「友情」なのが熱いですよね!はい、話が逸れました、すみません。

他の状況、大抵の人々が日々を過ごすであろう学校という場所。そこに居たら絶対に仲良くならないであろう、2人。明るくムードメーカーで、考えるより先に身体が動く感情型。やや自己中心的な部分もありますが、圧倒的なカリスマ性で自然と人を引っ張る太一。逆に、熱い思いを秘めながらも、冷静に状況を判断してから行動する理論派。だけど割と感情的な一面も持ち合わせていて、だからこそ行き当たりばったりな太一につっかかってしまうヤマト。
そんな2人が大好きだった私が、数年の時を経て、藤北にハマるのですが。
あれ、これって結構必然的な流れじゃないか。
と、気がついてしまいました。

北山くんのことはしばしば、実写版太一だと思っていました。だけどなんでここに思い至らなかったんだろうか。

藤北の何が好きか、ということを語る時もしばしば、「ただのクラスメートだったら100%仲良くならなかったであろう正反対な2人がジャニーズという非日常空間で出会い、意図せずグループの2トップに立たされ、過酷なJr時代を共に乗り越えデビューまで辿り着いた運命性」と、大袈裟に答えることがあります。はい、太一とヤマトとのこのシンクロ!そりゃ好きになる。なんだ、パロディした実写版か!
藤北に関して補足すると、そんな2人が一度パフォーマンスにまわると他を寄せ付けないほど同じ波長を纏う、という所までが1セットですが。すごいと思うんです、ジャニーズの中で見ると、元の素材が一級品なわけじゃない。素材自体が一級品なポテンシャルの持ち主が多くいる事務所内で、圧倒的なアイドル的ビジュアルを持ってるわけじゃない2人が、努力と雰囲気で全てを超えて素材以上の、何十倍ものモノを魅せるタイプの人ってそう多くないのに、その2人が同じグループになって2人で先頭に立つ、って。ステージに立つまでは全てが正反対なのに、ステージに立つと全ての波長が合うのが藤北の奇跡。そこに年月という付加価値が加わって、2015年は藤北過激派として随分楽しい日々を過ごさせていただきました!!


私はジャニーズを好きになる前の17年間、ジャニーズを「たかがジャニーズ」だと思っていて、アンチとまでは行かないものの、それ以上でも以下でもないものだと思っていました。玉森くんにハマった姉がキスマイを私に推して来た時、最初は、ジャニーズなんて、と引いていたんです。だけど、姉の布教の中に「藤北」という存在を見つけると、たいして引っかかることなくどんどんのめり込みました。後から考えて、「世界一のアイドル藤ヶ谷くんが最強シンメ北山くんを連れていたら好きにならないわけないよなー」とか頭の軽いことを考えていましたが、今回映画で久しぶりに永遠の主人公太一とライバルヤマトを見て、その必然性に個人的に納得し、映画を見ながら、「そりゃ抗えないわー」と1人でスッキリしていました。

そう考えると、私がシンメに簡単にホイホイされてきたこと、私が好きになったシンメが藤北の他に、中島健人くんと菊池風磨くん、京本大我くんと安井謙太郎くんのペアであったことも説明がつくような感じです。風磨くんと京本くんのことが単体で好きになった、という前提のもと、プライベートでは2人で遊ぶことがないような、仲のいいグループは別々にあるような2人が、ステージに立つと唯一無二になる、その関係性にグッときます。とはいえ、京本くんと安井くんは、今やストーンズが結成され、シンメとは中々言えない部分がありますが、だれども私はこの2人が好きです。年は少し離れているけど、安井くんに生意気な京本くんや、皆に優しい安井くんが京本くんにはややあたりが強いところに、幼馴染のような空気が漂っていて良いですよね!熱いですよね!2人がまた同じステージに立つ日を夢見ています…!

ここで少し剛健の話をさせていただくと、彼らはJr.時代から言われていたように「剛健コンビ」なんですよね。シンメの定義は私が語れたものではありませんが、パフォーマンスでも常にシンメトリーの位置にいるわけではありませんし。ただ、あそこまで圧倒的なカリスマ性を持った二人がJr.時代から20年以上変わらない関係性で、唯一無二のペア、ということには別のロマンが詰まってるんです…!2人とも35を越えたオジサンなのに。この2人の特殊性を語るとしたら、三宅健の生態の話からはじめないといけない気がするので本日のところは彼らは天使だから、で済ませておきたいと思います。

シンメから話がズレましたね。すみません。剛健コンビはもちろん好きです。めちゃくちゃ好きです。ただ、彼らに求めているのはパフォーマンス面ではなくて、どちらかというとパフォーマンスではない部分での素の表情が見たいですね。対して藤北シンメは、何をおいてもパフォーマンスで圧倒されたいです。
もう何の話をしたいのか、収拾がつかなくなってきていますね。すみません!
とりあえずは、デジモンアドベンチャーを1話から見て、太一とヤマトのシンメ性にひたりつつ、3月の第二章公開に備えたいと思います!

ここまで読んで下さった藤北好きの方、シンメ好きの方、男子同士のアレコレに興味のある方、初代デジモンアドベンチャー是非見てください。後悔はさせません!!

本日はこれにて。

何故、向井康二だったのか

 

毎日毎日更新して、暇な奴です。いや、大学3年のこの時期になるとやらねばならないこともたくさん山積みなのですが、もう康二くんへの思いがとどまるところを知らず、Twitterで何度も同じことを言うのも憚られるし、しかも私の語彙力の少ないまどろっこしい構成力だと140字じゃ足りないため、ブログに書き続けております。一応アピールしておきます、藤ヶ谷担でございます。FNSたのしみだわーーーい!

 

 

X'mas showに行きました。まいじゃにを見ました。かんじゅ日誌を読みました。もう康二くんと関西ジャニーズJr.のことばかり考えてしまいます。そして、関西ジャニーズJr.の枠組みを外れてしまった、紫耀くんと廉くんのことも。

 

クリパに行き、ギャンスタを見ました。推される丈くんを見て、FOLLOWの丈くんを見て、純粋に、かっこいいな、と感じました。髪型や、キメる時の雰囲気など、なんとなく康二くんに被る部分を感じます。歌も上手で、ダンスだって上手い。丈くんを丈くんと認識してはじめて生で彼を見ましたが、本当にかっこ良かった。好感しかありません。だけど彼に私の食指は動きませんでした。その瞬間、なんで康二くんだったんだろう、と自分に疑問を感じました。たくさん選択肢はあって、しかも私が関西Jr.に足を突っ込んだ瞬間、私が見ていたのは康二くんじゃなかったのに、最終的にこんなにハマっているのは康二くんで、なんでそうなった、と思い、考えてみました。

 

 

きっと、康二くんに私が行き着いたのは、私が康二くんを知らず、彼を誤解していたのが大きかったと思っています。

 

 

そもそも私が関西Jr.の存在に気がついたのは、雑誌で平野紫耀くんに出会ったのがはじまりでした。まだ黒髪で、いもっぽくて、幼くて、年下の天才的ど天然だった頃の紫耀くん。だけど一目見て、「めちゃくちゃかわいい、そしてかっこいい」と思い、印象的な名前だったので、すぐに覚えてしまいました。そうして色々な要因が重なり長い時間をかけてゆるゆると関西ジャニーズJr.を知っていくことになります。

だけどずっと紫耀くんが中心で、唯一他に興味を移したのが柊真くんでした。回転の早い頭脳から出てくる的確なツッコミ。美しいお顔立ち。紫耀くんの想像を絶する発言に、行動に、逐一反応してより面白く処理してくれる。紫耀くんのことがとても好きなことも、柊真くんのことを紫耀くんが好きなことも見ていて伝わりました。かわいい。弟のような立場の紫耀くんがかわいい。紫耀くんとペアなら柊真くんがいい、まいじゃにの、6人の中だったら紫耀くんの次に柊真君が好きだ!と、それぞれのシンメを思い切りスルーしたままそんなことを考えていました。だけど、どうしても紫耀くんと、たまにまいじゃにに登場する文一大先輩が私の中心で、2014年のクリパと2015年の春コンサートは彼らがいないのを原因として、参加を諦めました。自担である藤ヶ谷くん以外を目的に大阪に遠征したことはなく、当時の私にとってはとても大きな労力とパワーが必要で、紫耀くんの欠如によって私はそこに踏み込む度胸を失ってしまいました。そうしているうちに、金内柊真くんは違った夢を追いかけるために、ステージを去っていった。衝撃を受けた。好きだと思っていたJr.の退所をはじめて経験しました。

そこで彼を惜しんで、紫耀くんという枠組みを外れてはじめて柊真くんについて色々なことを調べました。遅い、遅すぎる自分。パフォーマンスになると紫耀くんばかり見てしまったので、まいじゃにのトークでしか彼を判断できていなかった私は、そこで、柊真くんが、あまり歌やダンスなどのパフォーマンス面が得意ではなかったことを知りました。なんとなく気がついてはいたものの、改めて認識。その時、小さい流星くんがダンスが得意なこと、大吾くんがアイドル力が高いことは知っていました。だけど康二くんに関しては、ギャグが面白いムードメーカー、柊真くんのシンメ、しか知識がなくて、勝手にここで、シンメだし、彼のパフォーマンスについてもあまり聞いたことがないし、大したことないんじゃないかな、と、大変失礼な認識を無意識で産んでいました。

 

それが、どうだ。

 

ジャニーズWESTの1stツアー、パリピポで、幸運なことに花道横のアリーナ席に入ることができた。この時はすでに皮肉かな、柊真くんの一件を経て興味を持ち、関西ジャニーズJr.にはすっかり詳しくなっていました。しかしそれはキャラクターや人間関係、過去のエピソードについてで、相変わらずパフォーマンスになると紫耀くんを見ていたので彼以外のパフォーマンス能力に関しては以前の印象を引きずっていました。

藤井流星くんのウチワを持ち、彼が通ってくれるのを今か今かと待っていましたが、知ってるJr.があまりにも近くで踊っているのでついつい目移りしてしまい、皆がメインステージを見ているのに姉と2人、全く真逆、真横の花道で踊るJr.に夢中。まとりくんが来てくれた時には必死に名前を呼んで、生まれてはじめてファンサを貰い、ファンサってこういうことなのか、と不思議な感銘を受けておりました。この時から、ギャンスタでは激まとくん推しなちょろいヲタクです。そんな時、まとりくんと入れ替わりで、康二くんが目の前に。

雷が落ちたかのような衝撃が走り、持っていたウチワの存在を忘れ、名前を叫ぶのも忘れてしまった。

 

なんっっっって顔が小さくスタイルがいいんだ!そして、誰だダンスが上手くないなんて言いやがった奴ふざけんなよめちゃくちゃかっこいいじゃないか!誰も言ってないよ自分だよ大馬鹿野郎!

脳内で過去の私を今の私が全力アッパーです。

 

テレビで見て、彼のビジュアルをかっこいいと思ったことがなかった。生でみたら、信じられないくらい、かっこよかった。詐欺だ。これは詐欺だ。

意識を取り戻して、必死で名前を呼んだ。まとりくんは名前を呼んだらすぐに反応してくれて、メインステージを見ずに花道の彼を見つめる私と姉に気がついてくれた。康二くんは絶対に気がついていながら、照れなのか、シャイなのか、あまり反応を示してくれなくて、真横の私たちではなく遠くの方を見て踊り続けた。それがまた康二くんらしくて、焦れったくて、ときめいた。寂しがりやで、仲良しの人に甘えまくる、ギャグを言い続ける、自由な康二くんの、人見知りな一面にキュンとした。私の中で芸人キャラを確立していた康二くんが、本当は圧倒的なパフォーマンス力を持つただのかっこいいアイドルなことに気がつかされた。ギャップとでも言うのか。予想外、想定外もいいところから、突如として舞い降りて来た。私は今まで彼の何を見て来ていたのだろう。

 

彼のルックスとパフォーマンスの虜になり、それにもともと知っていた愛すべきキャラクター性が合わさって、少しずつ彼への意識が強まった。同時に、ずっと見てきた紫耀くんは関西から徐々に姿を消していき、私の好きな「弟のような紫耀くん」も見られなくなって行った。今ステージにいるのは、完璧なアイドルとして完成されつつある平野紫耀だ。彼のことはショービジネスの世界の申し子だと思っています。今のJr.で、確実にトップの人材だと信じて止みません。関東に活躍の場を移しても紫耀くんの魅力はとどまる所を知らず、数々のJr.を虜にしていきます。皆が彼を好きになる!そんな中ですが、紫耀くんがkinkanにいた時代のように、仲間に甘えるような姿を、最近は見ないなあ、と感じています。私はあの康二くんや柊真くんにテクテク寄って行ってハグするような、そんな紫耀くんが好きだったんだと最近気がついて、少し寂しいです。多くの人に愛される彼が、甘えた表情を康二くんや大吾くんに見せるのが好きです。彼の斜め上の思考を手繰り寄せてくれる輪の中で笑う紫耀くんが好きです。関西ジャニーズJr.じゃもうないのかもしれないけれど、まいじゃににはまだ出てくれるのかな。康二くんと紫耀くんのツーショットを欲して止みません。このまま何事もなかったようにまいじゃにから姿を消すのだけはやめて欲しいです。

紫耀くんへのこんな心情の変化も重なって、少しずつ、まいじゃにを見ていても紫耀君以外へ意識を移すようになり、その一番の対象は康二くんでした。もうすでに、紫耀くんにこだわらずとも関西ジャニーズJr.が好きになっており、当然のように廉くんと紫耀くんはキャスティングされていない少年たち松竹座公演へも、迷いなく遠征を決めました。

 

そしてそこで、私は決定的に康二くんの餌食となりました。

 

その後の結果は、こちらにございますので、もし興味のある方いらっしゃいましたら、頭の悪い文章ですが少ない語彙力で必死に思いを綴ってますので、暇つぶしにでもご覧ください。

http://saaaksak.hatenablog.com/entry/2015/08/14/000502

 

 

 

読み返してみると、なんという自分語り。ここまで読んで下さった方がいらっしゃいましたら、本当に嬉しいです。感謝しております。

こんな自己満足ですが、書いているのはとても楽しかったです!またやりたいな。藤ヶ谷くんについて言葉で語るのはとても苦手なので、三宅さんでやりたいな。だけどとても気力を使うので、気が向いて勢いがあるときにでも。

 

では皆さん、今日は皆楽しみなFNS!該当担さんはお祭り騒ぎ!是非楽しみましょう!

向井康二くんに恋する2015の冬

松竹座、X'mas show初日、行ってまいりました!行ってまいりましたよ!

初日2部のネタバレ入ります。避けてる方はお気をつけ下さい。そしてただの萌え語りです。康二くんをただ褒めちぎります。あしからず。

 

 

 

 

 

 

ついに、とうとう、幕を開けました。

向井康二くんに恋する2015の冬、到来でございます。ありがとうございます。

 

初日の2部に入りました。1部のレポに被弾しないよう、ネタバレしないよう、最新の注意を払って情報を遮断していざ3ヶ月ぶりの松竹座へ!

レポを見て準備万端で行くかも迷いましたが、幸運なことに12月にもう1度遠征することが決定しているので、どうせ見たところで知らない曲を予習するだけの時間の余裕はないし、と思ってそれは次回にまわし、ネタバレ0の状態で幕開けを待つことに成功しました。

結果として、これがとてつもなく良かった!楽しかった!関西Jr.の曲はあれど、ジュニアの彼らはアルバムを引っさげて来るわけでも、新曲とカップリングをふんだんに取り込んで来るわけでもなく、「絶対やる!」という確証のある曲だってなくて、次何歌うのかな?!が本当に予想のつかないドキドキ感でした。そんな中、知ってる曲、特にキスマイの曲が流れた瞬間のテンションの上がり方やもう尋常ではありません。個人的に、キスマイのコンサートになくてはならないと思ってるアイノビートをオープニングに据えてくれ、となるとセットできちんとshake it upを持って来てくれる関西Jr.できる子!ほんとうにできる子!!今年のツアーのメインにキスマイがこのふたつを持ってきてくれなかったのがショックだったので、この子達に救われました。shake it up踊らせてくれてありがとう!

 

 

オープニングの康二くんを見た瞬間、尋常じゃなくテンションが一気に上がりました。藤ヶ谷くんの言葉を借りれば高まるボルテージ最高潮!白いモコモコした耳付き帽子をかぶって登場。なんかよく分からないけどかわいい!ギャグなの?本気なの?かわいい!だけど顔がもともと小さいから、スタートから6曲目のパリマニで帽子を取るまで中々お顔が見れなくてやきもきしました!

全体的に1曲を短めにたくさんの曲数をつめてくれたので、分からない曲が来てもしらけないし、95分という短い公演時間でしたが満足感は半端じゃありませんでした!

 

 

康二くんがソロ曲に何を持って来てくれるのか、楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。V6の曲かな?V6の曲がいいな!何かな何かな、と、これが公演前いちばん楽しみにしてた関心事項。大吾くんのカレカノが終わり(これもとても良かった。大吾くん、声がなんとなくけんてぃーに似てる)、後ろに黒衣装のジュニアが控えます。「あ、くる!」と直感で思いました。雰囲気的に踊る感じだ、これは来たぞ当たった!と、0.5秒ほど大興奮。イントロが流れます。「……あれ、聞いたことある」大吾くんもこの後の流星も、ソロ曲は夏と違う新しいものを持って来ていました。なのに何故なの康二くん。好きだよ、はじめて聞いた時は鳥肌が立ったよ。V6が好きな私にとってこの曲を康二くんが歌ってくれるってだけで冥土の土産モノなのに、あんなかっこいいダンスされちゃったら惚れるしかなかったよ。だけど。だけど!

なんで再びBREAK OUT!!!?

いいよ!きっと夏に好評だったのだろうし、ダンス曲だし、今回も死ぬほどかっこよかったし、また次これが見れると思ったらにやけが止まらないです!だけど!とても楽しみにしてたんです、今まで、Air、スカリミ、そしてBREAK OUTと外さない最高の選択をしてきた康二君が次に何を選んでくれるのか。姉に悲しみを綴ったら、「バラードじゃないだけいいじゃん…」と返されました。ピアノを弾く真鳥くんはどこかの貴公子なのではと思うほど美しかったけど、確かに。龍太くんのソロダンスを楽しみにしていた姉と、悲しみを分かち合いました。

 

 

先輩曲メドレーでは、一足先にカウコンがやってきたのかと思いました。サビだけを、光の速さでメンバー入れ替わり立ち代わり歌って踊ります。メドレーにはいる前、龍太くんが、少年隊よりも上の先輩ジャニーズの名を連ね、「先輩曲をメドレーしていきます!」と言ったので、「え、先輩メドレーってそこかよ」と思ってしまったのですが、最初からええじゃないかで会場のボルテージを上げてくれたので、「もうちゃんとそう言ってよね!紛らわしいんだから!(にやにや)」状態。チャンカパーナがはじまった時のメンバーを見て、「康二くんに踊って欲しかった…」と一瞬悲しくなりますが、その後ろで明らかに夢物語のタッキーさんとつばさ先輩を意識したシルエットが。まだチャンカパーナの途中なのに隣の姉に、「タキツバ!タキツバ!タキツバ!」と騒ぎ立ててしまいました。だってこのままで行ったらあの2人は!きっと!絶対!はい!ありがとうございます!康二くん龍太くん!!!!康二くん、お顔が小さすぎてサングラスがあまり似合わないのも愛おしかったです。夢物語は全シンメ厨の憧れ…いつか藤北に…の夢を志半ばで諦めつつ、シンメじゃないですが大好きな龍太くんとパフォーマンスする康二くんが見れて幸せでした。名曲!

ミッドナイトシャッフルでは少年たちを彷彿とさせるような、下から風を受けた演出でなんと康二くんソロ。ひたすらペンライト振ってました!踊っていないのに、ただ歌っているだけなのに、衝撃的なくらいかっこよくて、いつの間にこんな康二くんが好きだったんだろう、と自分でもびっくりしました。

大吾くんの歌うラブユーオンリーは私の知ってるラブユーオンリーではなかった。可愛いキャッチーなラブソングだった。不思議。

サビをやってすぐにハケて衣装チェンジしてまた次へ、と、目まぐるしくメンバーも衣装も変わって行ったので、5,6人で歌って踊ったりしますと康二くんを見つけるのにも少し苦戦して、康二くん?!と思ったら丈くんだったりその逆だったり、髪型被ってるよキミタチ…と、いいながらそんなことも楽しくて。ローラー下手くそで決めポーズの後に転びかけた康二くんも可愛かったな。

 

 

そしてなんと言っても新曲。康二くんを見るのと、歌詞を理解するのとで、なかなか思うように行きませんでしたが、それぞれ何を思ってこの曲を歌うのか、と思わずにはいられない歌詞ですね。歌って聞かせるダンスナンバー。大吾くんと康二くんの赤と青に、ダンスに、胸をうたれました。ペンライトを降る手が止まりました。康二くんを見て思うのは、どうしたって柊真くんのこと。なんとなく、龍太くんと康二くんの2人がペアとして私の中で馴染んできたこの頃でしたが、去年は柊真くんが着ていた衣装を纏って歌い踊る康二くんを見ていたら、急に、誰もいない彼の対称の位置を見て、涙が溢れて止まらなくなりました。ファンの中で時を止めた彼をステージに置いたまま、こうやって松竹座は、関西ジャニーズJr.は、進んで行くんですね。

 

 

最後、宝塚のような階段セットの頂点に立ち、ギャンスタをバックにBe coolを歌う康二くんは、抜群のスタイルにスーツがとてもよく似合って、長い足を存分に見せつけて踊ってくれて、もうかっこいい…以外の言葉が見つからない。月並みだけど、本当に。ここに来てはじめて、リア恋枠の意味を理解してしまった気がする。こんなにかっこいい康二くんが、普段は大学にも通っていて、友達とお話しして、授業受けてたりもするんだと思うと、私だって同じ年で大学通ってるのになんで康二くんいないの?!と正常だったら恥ずかしすぎて口に出すのも憚られるようなことを普通に口に出してしまう。

 

 

はい!なんかもう余韻浸りまくってなんだかよく分からなくなってきたんでこの辺でやめます。まだまだ色々あったのですが、楽しい!と思った一瞬を大切にペンライトを振り回していたので、すぐに忘れてしまって、悔しいです。でもどんどん新しい康二くんが更新される、楽しくて仕方なかったです!

自分の中で、この夏完全に恋に落ちた康二くんでしたが、こんなに好きだったことに気が付いていませんでした。色々となんでもかんでも、文句も言えばダメ出しも言いたくなるタイプなのですが、本当に好き!となるとその存在だけで愛おしいので、世間に言われる駄目なところも全部含めてそれでOKそれが愛おしい、になってしまう部分があります。何が駄目なの?くらいの勢いです。そしてそれは、自分の中でジャニーズでは藤ヶ谷くんただ1人に許された愛でした。なのに、公演後にTwitterで、今までの関西ジャニーズJr.、過去の公演などと比較されて、もう少しここがこうなら、という意見もお見受けする中で思ってしまいました。そんなことはどうでもいい、と。分かります、もちろん、きっと長年松竹座を見守ってきたファンの方々の言葉は重くて、確かです。彼の今後を考えるなら、とても大切なことなのかもしれません。理解もできます。ただ、そんなことは私の中で康二くんの欠点なんかに全くならなくて、自分の康二くんへのベクトルの大きさに気がつかされました。好きだ、ただ君が好きだ康二くん!!

 

 

12月にあと1回、またきみに会いに行きます。その次は、WESTのバックにいる康二くんに会えるかな。確証は無いけど、きっと会えると信じてます!

向井康二に恋に落ちた2015年がおわり、向井康二にハマり続ける2016年が迎えられることを願って、11月を締めくくります。ありがとう!


夏ver.

http://saaaksak.hatenablog.com/entry/2015/08/14/000502

秋ver.

http://saaaksak.hatenablog.com/entry/2015/09/30/191403